イケメンの条件

イケメンと呼ばれるためにはどのような条件を備えているべきか

イケメンと呼ばれるためにはどのような条件を備えているべきか

イケメン 条件

イケメン、と一口に言っても、色々なタイプがいます。

 

人によって評価するポイントはさまざまで、同じ人を見てもかっこいいと思う人もいれば、そう思わない人もいます。

 

では、多くの人が共通してイケメンと認める条件にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

あくまでも顔がメイン

「人間9割が見た目」なんてことも言いますが、太ってる、痩せてる、身長の高い低いなど、全体的な見た目はともかく顔のよしあしが男性のイケメン判断基準になっていることは間違いないようです。

 

スポンサーリンク

 

目が澄んでいること

まず、顔のパーツごとに条件を見ていくと、最初に気になるのが「目」です。

 

目がきれいに澄んでいて、まっすぐに見つめられると吸い込まれていくような瞳というのが一番の条件のようです。

 

確かにきれいな目をした人は男性から見ても「この人魅力的だなあ」と感じることが多い気がします。

 

逆に、目がにごっていてキョロキョロと挙動不審な感じの人は嫌われてしまいます。

 

高い鼻は良い顔に見える

男性がかっこいいと認められるためには、顔の中心に位置する鼻が高いことも求められる条件のひとつです。

 

欲を言えばその上身長が高ければ文句がないはずです。やはり女性は西洋的な見た目をイケメンと呼んでいるのではないかと思います。

 

イケメン 条件

そして目、鼻とくれば口です。口元がだらしなくいつもゆるんでいたり、いつも不機嫌そうにとんがっている人は嫌ですよね。

 

さらに女の子のようにアヒル口をしているような男性も、ちょっと気持ち悪いです。

 

スポンサーリンク

 

口元はある程度の長さの唇と、いつでも口角が上がったスマイルが求められます。

 

口元がにこやかで明るく愛想の良い男性は、雰囲気も含めてイケメンの条件を満たしています。

 

最終的には、結局顔のパーツがあまり際立っていなくても、顔全体の中でのパーツの配置にバランスの良さがあれば条件を満たしていると言えそうです。

 

突出した何かがあるよりもその方が落ちつくのでしょう。

 

清潔感は大切

そして、どんなに顔が良くてカッコ良いと言われようとも、見た感じがボロボロでお風呂にもあまり入っていないような人はイケメンと思われません。

 

こぎれいな身なりは女性が付き合いたいと思う男性の第一条件です。身だしなみはイケメンと呼ばれるための第一歩であり最低条件と言えるでしょう。

 

服装のセンスから映画のセンスまで!?

また、イケメンと呼ばれる人たちは顔やスタイルが良いのはもちろん、ファッションセンスも問われます。

 

イケメン 条件

顔も良く身長も高く、さらにスポーツで鍛え上がられたボディは引き締まっていて言うことなし、という男性でも、いつも古いジーパンにトレーナーを着ているとか、明らかに時代遅れのダサいコートなどを着ていられるとさすがに評価が下がってしまいます。

 

持ち物についても同様です。仕事でキリっと決めている男性がカバンから粗品のようなボールペンを取り出していたらガッカリされてしまいます。

 

トイレに行ったときなどには、さりげなくポケットからブランドもののハンカチなどを出して手をふくと良いでしょう。

 

ハンカチも持ち歩かないで、ズボンで手を拭いている人、一気に評価がさがってしまいますよ!

 

イケメンと呼ばれる条件には、顔はもちろんのこと、ファッションセンスから持ち物までさまざまな要素が必要になるのです。

 

あなたも今日から見た目に気をつけて、少しでもこれらの条件を満たすように頑張って生活してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加